FC2ブログ

記事一覧

KT参拝262社目 品川区二葉に鎮座される「下神明天祖神社」のご紹介

こんにちは、KTです。

今回はKT参拝262社目。品川区二葉に鎮座される神社「下神明天祖神社」のご紹介です。

令和3年3月29日に参拝しました。

もくじ

1.神社情報(鎮座地・御祭神・創建・アクセス等)
2.御由緒他
3.御朱印
4.御朱印対応時間
5.参拝日
6.写真


1.神社情報

◎鎮座地 東京都品川区二葉1-3-24

◎御祭神 天照大神、応神天皇、天児屋根命

◎社格等 村社

◎創建  不明

◎境内社 小四郎稲荷社

◎アクセス 
東急大井町線 下神明駅 徒歩約5分。
ま京浜東北線・りんかい線 大井町駅 徒歩約15分。
横須賀線 西大井駅 徒歩約10分。

◎下神明天祖神社 公式ホームページ
https://shimo-shinmei.jp/access

2.御由緒他
・創建に関しては明らかになっていない。
・文献では江戸幕府六代将軍・徳川家宣の時代以前から鎮座していた。
・蛇窪村が上蛇窪村と下蛇窪村に分かれた正保年間(1644年から1647年)に、天祖神社が下神明天祖神社と近隣の上神明天祖神社(蛇窪神社)とに分かれたとされている。
・大井町線下神明駅の由来となった神社。
・狛犬は区内最大のもの。
・境内社の稲荷社の前に小さな斎田があり、収穫した稲は例祭の神饌として本社、稲荷社に献じられる。

3.御朱印
DD710996-94C5-4B76-8D9F-4D955F3510B8.jpeg
下神明天祖神社と境内社の小四郎稲荷社の御朱印。

※通常のご朱印を拝受しました。この他にも書き置きのものがありました。

初穂料 志納。

社務所にて。(令和3年3月31日の情報です。変わっている場合があります)

5.参拝日
2021年(令和3年)3月29日(月)

6.写真
AC1A2BE4-5600-4036-99C6-FD38C5790B24.jpeg
立派な社号碑と神明鳥居。長い参道が真っ直ぐに伸びています。

267BCB8A-3C29-4AF9-A5A1-57ADCFF52E04.jpeg
長い真っ直ぐな参道。

CB2C25D3-DD66-434F-8821-8053410BF319.jpeg
参道の右の桜がとても綺麗に咲いていました。

E40358EF-F031-4FF8-BADD-BDD8D9049387.jpeg
ニノ鳥居。

3C98AB04-F7C1-4F26-9C98-E52174200EC9.jpeg
ニノ鳥居前の狛犬。

13D254D1-CA12-43CF-B8A0-678B63ED931B.jpeg
手水は手押しのポンプ式の井戸水。とても柔らかな優しい感触の水でした。

F109B7B8-D7ED-4274-8108-21FDE45D3E87.jpeg
品川区最大の狛犬と御神木の榧の木。

68C846EE-831D-4DF5-9064-1B4EB62F2A2C.jpeg
立派な狛犬(左)です。

8B739FFB-A6A5-4473-853E-D94A91F5268E.jpeg
立派な社殿。昭和48年に再建されました。

EADB7745-60E5-44B1-ABED-7DEDF133751A.jpeg
境内社の小四郎稲荷社。

EF0EBE50-9911-4E4F-8418-DE8B67B85533.jpeg
社殿の左手に小四郎稲荷社の赤い旗が並んでいます。

4425646F-7644-49E7-BEF1-D085BAE1AD1C.jpeg
社殿右側からの眺め。

C437F119-8F9E-4444-B39B-ED464FF70B75.jpeg
社殿左には境内社の小四郎稲荷社。

6D876950-DAE7-42E1-A8B1-08930DAC9552.jpeg
神楽殿。

BAB9E885-3A91-4625-A05E-164CCA907464.jpeg
下神明天祖神社の説明。

7CF23D9A-46CA-48EC-A192-9E8C61390BF8.jpeg
由緒の追記。氏子の皆さんがこうして神社のことを調べているのは素晴らしいことですね。


下神明天祖神社の動画です。


今回は品川区二葉に御鎮座。

長い参道とポンプ式の手水、川区最大の立派な狛犬、御神木の榧(かや)の大木などが見どころの素敵な神社です。

この日もとても気持ちの良い参拝になりました。

ありがとうございました。

KT参拝262社目、「下神明天祖神社」のご紹介でした。



神社に参拝するようになってから日本の神様や古事記に関して知りたくなり、勉強しています。
毎日Twitterでアウトプットしています。

そんなTwitterはこちら。

よかったらフォローお願いします→KT(神社、御朱印、神様のご紹介)

古事記や神様のことを知るには以下の本がおすすめです。



この本は情報量がとても多くしっかり読めばこの本だけでも良いかもしれません。
用語解説、ポイント解説もあり、しっかり理解することができます。




マンガなので古事記の話の流れを掴みやすいです。
また、要所要所に解説がしっかりついているのでさらに深く理解することができます。

この2冊を読めば古事記、日本の神様に関しての基本的なことはざっと理解できると思います。


訪問ありがとうざいました。

良かったら応援クリックよろしくお願いします。



にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村


日記・雑談ランキング

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア

プロフィール

KT

Author:KT
都内在住。

妻、息子(独立)、娘。

好きな事を仕事にして生きてます🍀

ちょっと良い事、ちょっと楽しい事を発信します☝

・神社参拝。(これまで179社参拝)
・グルメ。
・旅行。
・読書。
・ダイエット。

この世は天国。人生を楽しむがモットー。

応援クリック、拍手、コメント歓迎です☝️

フリーエリア

PVアクセスランキング にほんブログ村

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

KTさんのランキング集計結果